借金減額のデメリットは?債務整理をするとその後どうなる?

借金を減額する方法は債務整理をはじめいくつかあります。メリットばかり見ていざ借金減額をすると「こんなはずではなかった…」と後悔することもあります。

借金減額には色々な方法がありますが、それぞれのデメリットを解説します。ブラックリスト入りしてしまうの?ブラックになるとどうなるの?クレジットカードは使えるの?など、知らなければ後々大変なこともあります。

また、保証人がいるとどうなる?家族にバレるの?など気になる点もお答えします。デメリットを理解して、債務整理を成功させましょう。

借金の減額方法を紹介!それぞれのメリットやデメリットを解説

借金の減額方法はいくつかありますが、どんな特徴やデメリットがあるのでしょうか。

借り換えやおまとめローンのデメリットとは?

借り換えは、金利が高く利息が高い場合、低金利のローンに契約して利息を減らせます。また、おまとめローンは、複数のローンを1つにまとめて利息を減らせます。

【メリット】
返済が楽になる

【デメリット】

  • 金融商品の再契約となるので審査が厳しくなる
  • 返済期間が延びれば、返済額は増えることもある
  • おまとめローンの場合は借り入れができない
  • 完済が条件なので収入の安定は重要
  • 必ず契約できるとは限らない

次に、国が認めた借金救済制度である「債務整理」のメリット・デメリットを見ていきましょう。

任意整理のデメリットとは?

任意整理は、将来利息をカットし元金を3年で完済します。リボ払いで利息分が膨らんでいる方におすすめです。

【メリット】
返済が楽になる

【デメリット】

  • ブラックリスト入り(5年間)
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 新規ローンが組めない
  • 新たな借金はできない

個人再生のデメリットとは?

個人再生は、借金を1/5まで大きく減額できます。減額した借金を3~5年で完済します。

【メリット】

  • 返済が楽になる
  • 住宅特則でマイホームを残せる

【デメリット】

  • ブラックリスト入り(5~10年間)
  • 官報に個人情報が掲載される
  • 車は処分される可能性がある
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 新規ローンが組めない
  • 新たな借金はできない

自己破産のデメリットとは?

自己破産は、裁判所に返済の見込みがないと認められると借金の全額免除ができます。免除される反面、デメリットは他の債務整理より大きくなります。

【メリット】

  • 返済をしなくて良い
  • 人生の立て直しができる

【デメリット】

  • ブラックリスト入り(5~10年間)
  • 官報に個人情報が掲載される
  • 特定の職業に就けない
  • 住宅、車、貴金属品などお金に換えられるものは没収
  • 現金は99万円まで、最低限の家財のみ
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 新規ローンが組めない
  • 新たな借金はできない
債務整理は借金が減額され返済が楽になる、または返済が免除になるメリットがありますが、生活上不便に感じるデメリットも発生します。

しかし債務整理などで減額せず、借金滞納してしまうと「ブラック入り」してしまう可能性があります。

借金返済のことばかり考えてしまうつらい日々、闇金などから新たな借り入れをして借りては返す、返してはまた借りるという「借金地獄」に陥ってしまう前に、借金問題はすぐ対策を講じることが必須です。

放置していても何も解決しないばかりか、状況はどんどん悪化してしまいます。

なのでまずは、自分の借金が「減額できる」かどうかを簡単に調べることができる「借金減額診断・借金減額シミュレーター」で、借金を減らせるかどうかを調べてみてください。

24時間いつでも利用でき、弁護士や司法書士事務所のものであり、更に無料のため、安心スピーディーですよ。

【債務整理共通のデメリット】ブラックリスト入りとは?どんな影響が出る?

債務整理をすると、「ブラックリスト入り」になります。実際にブラックリストというリストがありません。信用情報機関に、債務整理をしたと事故情報が登録されることです。

信用情報機関とは…

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

上記の信用情報機関では個人の信用情報をチェックしています。債務整理をすると金融事故として登録されます。

事故情報が登録されている間は、クレジットカードの利用やローンなど制限されます。

クレジットカードは使えなくなる

債務整理の対象にしたクレジットカードは、即日解約になり使えなくなります。ポイントを貯めていた場合は、事前にポイントを消費しましょう。

クレジットカードを複数持っていて債務整理の対象外であっても、途上与信やカード更新時に事故情報の登録がチェックされるといずれ使えなくなります。

全てのクレジットカードの利用ができなくなり、更新できず残すこともできません。

新たにクレジットカードを申し込めるのは、事故情報が登録抹消される5~10年後になります。今までクレジットカードを利用し買い物をしていた方からすれば不便に感じるでしょう。

代替策の提案…

  • デビットカードを利用する(銀行口座があれば契約できる)
  • 家族カードを作ってもらう
  • プリペイドカードを利用する
  • スマホ決済を利用する

新たにローンが組めない…先の見通しが大切

事故情報が登録されいると新規でローンを組むことができません。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン

上記を検討している場合は、債務整理の時期をずらすなど工夫が必要になります。子供の進学のタイミングで債務整理をすると、教育ローンが組めず子供の進学にも影響が出ます。

【保証人や官報】その他気になるデメリットを解説

ブラックリスト入りの他、○○はどうなるの?という疑問をまとめました。

借金に保証人がいる場合、債務整理するとどうなる?

  • 任意整理…保証人がいる借金を債務整理の対象から外せば返済義務はなし
  • 個人再生…保証人に返済義務が生じる
  • 自己破産…保証人に返済義務が生じる

任意整理以外、保証人に返済請求がいく可能性があります。

官報に載ると周りにバレるの?

官報は一般の人が閲覧することはほとんどありません。氏名や住所が掲載されても周りにバレる心配はいりません。

債務整理は内緒で手続きできる?家族にバレる?

任意整理は、裁判所を通さず債権者との交渉なのでバレる可能性は低くなります。弁護士に依頼をすれば、書類のやり取りは全てお任せできます。家族に知られず手続きも可能です。

一方、個人再生や自己破産は裁判所から通知が自宅に届くことで、バレる可能性があります。住宅や財産の没収にも関りますので、家族に秘密にするよりは打ち明けて協力や理解を得ましょう。

自己破産はデメリットが一番大きい

債務整理の中でも、自己破産はデメリットが大きいのが特徴です。先述通り、借金の返済免除が許可される代わりに、お金に換えられるものはほとんど没収されてしまいます。

わずかな現金の所持と最低限の家財のみの生活になるので、これまでの生活とは一変厳しいものになります。

住宅や不動産も失ってしまいますから、新たな住処を見つけないといけません。同居家族がいる場合は、家族に事情を話し協力して貰わないといけません。住宅を失い通勤・通学が難しくなるなど家族にも迷惑がかかります。

家族に秘密で自己破産の手続きは不可能です。家族の理解を得て、今後の生活の立て直しの話合いなど重要になります。

借金減額のデメリットは事前に理解すれば債務整理は失敗なし!

借金の減額は、メリットばかりに目がいきがちできすが、デメリットもあります。おまとめローンを検討しても、返済総額が増えるというデメリットが想定されるのであれば、債務整理の検討も視野に入れてみましょう。

債務整理もブラックリスト入りやクレジットカードが使えないなどデメリットがあります。お金の使い方を改める期間だと認識すれば、案外簡単に乗り越えられるかもしれません。

債務整理を検討する時点で、デメリットを把握しておけば、債務整理をした際に「しなければ良かった」「する意味がなかった」と失敗する可能性が低くなるでしょう。

閉じる